この本を読めばあなたも優れたビジネス戦略を立てれるはず!「確率思考の戦略論/森岡毅」

確率思考の戦略論

このブログでは読んだビジネス書や小説、マンガの感想を備忘録も兼ねてオススメしていきます☆
今回は角川書店出版、森岡毅さんの「確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力」です☆

ラベル

ビジネス書、戦略、 マーケター、数学、~350ページ

読むきっかけ

上司から課題図書として指定されまして。笑

課題図書

森岡毅さんの存在は知っていたので、これを良い機会にしっかり学ぼうと決意しました!

感想

ぶ、ぶ厚い…、お、重い、なんて重厚な本なんだ…笑

重厚な本

この本の中で、

できるだけ違う道筋で達成する戦略(プランB)を必ず考える

という文が出てきます。
今までプランを1つ考えるのが精いっぱいという感じでしたが、確かにプランは複数あった方がいいですもんね!

選択肢を複数用意

また、

プランBを考える過程でプランAの脆弱さや盲点に事前に気付くことができる

ということも述べられています。
ブラッシュアップしていくためにもプランBを考える癖をつけていきましょう!

プランB

この本の中にはたくさんの数式が出てきます。

数式

もちろんこれらの数式を使いこなせた方が良いでしょうが、僕にはまだまだハードルが高いので、少しずつ慣れていってビジネスをなんとなくの感覚でしないようにしていきたいと思います!

戦略的に

気になった方はぜひお手に取ってみてください☆

スポンサーリンク

あわせて読みたい

3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です