統計の世界にゆーっくり入っていきたい初心者のあなたへ!「この世で一番おもしろい統計学/アラン・ダブニー」

このブログでは読んだビジネス書や小説、マンガの感想を備忘録も兼ねてオススメしていきます☆
皆さんが読みたいと思えるきっかけになれば嬉しいです☆

今回はダイヤモンド社出版、アラン・ダブニーさんの「この世で一番おもしろい統計学」です☆

【本日の内容】

ラベル
-ジャンル
-発行年月日
-ページ数
読むきっかけ
内容
-内容紹介
-こんな人におすすめ

「この世で一番おもしろい統計学」のラベル

ジャンル

ビジネス書、統計、データ

発行年月日

初版:2014年1月30日

ページ数

~250ページ

「この世で一番おもしろい統計学」の読むきっかけ

統計についておもしろく紹介しているものがないかな?と探しているときに見つけました。

見つけた

「この世で一番おもしろい統計学」の内容

内容紹介

アメコミ?という感じでイラストが特徴的ですが、内容は統計学に取っ付きやすい内容になっています!

取っつきやすい

少し小難しい話に関しても、マンガのストーリーの中に何回も登場させてくれるので、入っていきやすいです。

何度でも何度でも

また、「統計なんて、みんな仕方なくつかうもの」というセリフも印象的でした。

仕方なく使う

こんな人におすすめ

統計って言われただけで身構えちゃいますよね。ビッグデータを行こうに活用するために統計を学べ!っと言われてもね…。専門書を買ったはいいけど頭に入ってこない…。入門書のはずなのに…。そんな時はマンガから入っていきましょう!この本だけで統計を使いこなせるようになるわけではないですが、とっかかりになる!はず!

気になった方はぜひお手に取ってみてください☆

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です