その手があったか!と思わせるには?「ずるい考え方ゼロから始めるラテラルシンキング入門/木村尚義」

ずるい考え方ゼロから始めるラテラルシンキング入門

このブログでは読んだビジネス書や小説、マンガの感想を備忘録も兼ねてオススメしていきます☆
今回はあさ出版、木村尚義さんの「ずるい考え方ゼロから始めるラテラルシンキング入門」です☆

正直者が馬鹿を見る…とならないためにもずる賢く生きるために!詐欺とか違法というわけではもちろんなく、「その手があったか!」「そうきましたか!」をみんながハッとさせられることに如何にして気付くか!思考の幅を広げる一助となる一冊です。

ラベル

ビジネス書、考え方、 ~200ページ

読むきっかけ

ずる賢くなりたくて…笑

感想

ロジカルシンキングと対照的にラテラルシンキング、ずるい考え方が紹介されています。
どちらかが良くて、もう一方が悪いということではなく、ロジカルとラテラルを使い分けていくことで解決策を探していこうと思えました!

解決策を探す

ラテラルシンキングの事例がたくさん紹介されているので、ラテラルシンキングが何かという大枠は掴めた気になります。

ずる賢さをつかむ

また、この本に書かれていることを意識せずに、自然とできている人もいるんじゃないかな?とも感じました。
僕はまだまだ身についていないので、ラテラルシンキングを意識して物事の見ていきたいと思います!

世界を見抜く

気になった方はぜひお手に取ってみてください☆

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です