経営哲学の神髄!その答えとは?「インベスターZ 17/三田紀房」

インベスターZ 17

このブログでは読んだビジネス書や小説、マンガの感想を備忘録も兼ねてオススメしていきます☆
皆さんが読みたいと思えるきっかけになれば嬉しいです☆

今回は講談社出版、三田紀房さんの「インベスターZ 16」です☆

【本日の内容】

ラベル
-ジャンル
-発行年月日
痺れたセリフ
-場面
-キャラ
-セリフ
内容(お触り程度のネタバレあり)
-あらすじ紹介
-感想
-今回の経済・投資関連用語
-今回の食べ物

「インベスターZ 17」のラベル

ジャンル

マンガ、投資、中学生、高校生

発行年月日

初版:2017年4月21日

「インベスターZ 17」の痺れたセリフ

場面

財前龍五郎が経営哲学を尋ねた場面です。

キャラ

藤田金七

セリフ

「私は誰からも支配されたくない
 常に自由でありたいのだ」

インベスターZ 17

「インベスターZ 17」の内容(お触り程度のネタバレあり)

あらすじ紹介

前巻、インベスターZ 16巻では保険のカラクリが理解できた財前。
インベスターZ 17巻は投資部の主将が交代するところから始まります!
カリスマだった神代から渡辺に交代となりました。
張り切る渡辺でしたが重圧に耐え切れず…

プレッシャーに押しつぶされる

部長を決めるルール改正を検討するも神代は反対。その理由とは?

異議あり

そしてまたまた明治時代に来ちゃった財前。
今回は存在をなぜか確認されてしまい、財前孝史と龍五郎がついにご対面!

ご対面

感想

まあ自分が大金を運用すると考えると渡辺の気持ちも分かりますね。
藤田金七の返答は意外なものでした!
財前龍五郎の別れ際のセリフに漂う秀才感もすごいです!

今回の経済・投資関連用語

金子直吉

金子直吉

・近代日本を代表する鈴木商店の大番頭だった人物。
・藤田金七が注目する理由とは?

三国間貿易

三国間貿易

・「商品を日本を経由させず他国間同士で貿易させて利益をあげる」仕組み。(インベスターZ 17より引用)

一船売り

一船売り

・「荷も船も一艘丸ごと売り払う」売り方。(インベスターZ 17より引用)

円高

円高

円の価値がのかの通貨と比べて相対的に上がること。

今回の食べ物

今回はなし

気になった方はぜひお手に取ってみてください☆

スポンサーリンク

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2020年3月15日

    […] 経営哲学の神髄!その答えとは?「インベスターZ 17/三田紀房」 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です