知(とも)・覚(かく)・動(うご)・考(こう)「GACKTの勝ち方/GACKT」

このブログでは読んだビジネス書や小説、マンガの感想を備忘録も兼ねてオススメしていきます☆
皆さんが読みたいと思えるきっかけになれば嬉しいです☆

今回はサンクチュアリ出版、GACKT さんの「GACKTの勝ち方」です☆

【本日の内容】

ラベル
-ジャンル
-発行年月日
-ページ数
読むきっかけ
内容
-内容紹介
-こんな人におすすめ

「GACKTの勝ち方」のラベル

ジャンル

ビジネス書、セルフブランディング、生き様、哲学

発行年月日

初版:2019年8月9日

ページ数

~250ページ

「GACKTの勝ち方」の読むきっかけ

パーフェクトなイメージのあるGACKTさんの頭の中を覗いてみたくて!

何を考えている?

「GACKTの勝ち方」の内容

内容紹介

はじめにのパートに「スタートを切らずにいる人間がせいぜい積み重ねるスキルは勝負をしないための言い訳だけ」とあります。
移り変わりが早いこの時代に動かないリスクについて改めて考えさせられます。

取り残されるな

また、GACKTさんにはストイックなイメージがありましたが、「本当のファンのためにもどんなに辛いことや無理なことでも必ずやり通す」という考えの元、生きているみたいです。
利他の精神で辛いことを乗り切る原動力にしているということでしょうか。

ファンのために頑張る

「すべての行動が明日のオマエとなる」
未来のためにどれだけ汗をかけるかですねー。

未来は自分次第

こんな人におすすめ

なかなか行動を起こせない人におすすめです!

気になった方はぜひお手に取ってみてください☆

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です