個人と社会は分けて考えろ!「働き方 完全無双/ひろゆき」

働き方完全無双

このブログでは読んだビジネス書や小説、マンガの感想を備忘録も兼ねてオススメしていきます☆
皆さんが読みたいと思えるきっかけになれば嬉しいです☆

今回は大和書房出版、ひろゆきさんの「働き方 完全無双」です☆

ラベル

ビジネス書、働き方、~250ページ

読むきっかけ

ひろゆきさんのコメントを何回かネットで見て、着眼点が鋭いなーと思っていたので手に取りました。

着眼点

感想

序章で、 「個人と社会で問題を分けて考えなくてはいけません。」とありまして、確かにごっちゃに考えがちかもと思いました。

ごちゃまぜ

また、「仕事のストレスは、その仕事で発散させるのが一番理想」とあります。
確かに、ストレス発散というと何か違うことをするイメージですが、仕事で発散できるのが一番ですよね!

我慢できない

あと、自分が気をつけたいと感じたのが、「人って接点を持った時に笑顔で挨拶をしておかないと、違和感が残ったまま」という文です。
どちらかと言うと無表情なことが多い(人見知りなだけ。。)ので、怒っていると誤解されがちなので笑顔の練習しようと思いました。

営業スマイル

ひろゆきさんの視点でひろゆきさんが実践している方法を紹介しているスタンスなので、共感したものは取り入れてみてはいかがでしょうか?

気になった方はぜひお手に取ってみてください☆

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です