今年こそ、チームのために!「ダイヤのエース actⅡ 20/寺嶋裕二」

このブログでは読んだビジネス書や小説、マンガの感想を備忘録も兼ねてオススメしていきます☆
皆さんが読みたいと思えるきっかけになれば嬉しいです☆

今回は講談社出版、寺嶋裕二さんの「ダイヤのエース actⅡ 20」です☆

【本日の内容】

ラベル
-ジャンル
-発行年月日
痺れたセリフ
-場面
-キャラ
-セリフ
内容(お触り程度のネタバレあり)
-あらすじ紹介
-感想
-今回の野球用語
-今回の食べ物

ダイヤのエース actⅡ 20のラベル

ジャンル

マンガ、スポーツ、野球、高校生、アニメ化

発行年月日

初版:2020年1月17日

ダイヤのエース actⅡ 20の痺れたセリフ

場面

市大三高のエース・天久 光聖に7回まで0に抑えられてきた薬師打線。
8回、ついに1アウト2塁のチャンスを作り、打席に轟 雷市を迎えます。
ここでネクストバッターの真田 俊平から声がかけられます。

キャラ

真田 俊平

セリフ

「俺とお前で決めよう 」

ダイヤのエース actⅡ 20

ダイヤのエース actⅡ 20の内容(お触り程度のネタバレあり)

あらすじ紹介

前巻、ダイヤのエース actⅡ 19巻では市大三高と薬師の因縁の対決が始まりました!
1回表のピンチを切り抜けた市大三高打線が2アウト3塁のチャンスを作り、4番の星田 守が打席に入るところからダイヤのエース actⅡ 20巻はスタートします!

チャンス到来

3回表、2アウトなしの場面で天久 光聖と轟 雷市が2度目の対戦を迎えます。
その初球、天久が轟に対して新球種を投じます!

受け取れ

これには薬師も堪らず、エース・真田 俊平をマウンドに送り、市大三高に傾いた流れを引き寄せにかかります。

手繰り寄せる

新球を織り交ぜ薬師打線に立ちはだかる天久、1点は失うも踏ん張る真田。
両エースが投げ合う中、8回表に薬師打線が1アウト2塁のチャンスを作り、主砲・轟が打席に向かいます!

捉える

感想

相変わらず天久はピッチング中にも関わらず、独り言が多いです。笑
中には確かにと思わされる独り言も。
真田の雷市への信頼もそうですが、轟父の突き放すような言い方ながらも選手を信頼してるセリフが良かったです。

今回の野球用語

バックフットスライダー

・投手から見てキャッチャー側にある打者の足(=バックフット)を目がけて投げるスライダー。
・天久光聖の代名詞でピンチを切り抜けられるか!

バックフットスライダー

中間守備

・0 or 1アウト1・3塁で内野陣が打球によってホームゲッツーとセカンドゲッツーを狙い分ける両睨みの作戦。
・市大三高の守備陣は無事にゲッツーで切り抜けれるのか…

中間守備

今回の食べ物

バナナ

バナナ

気になった方はぜひお手に取ってみてください☆

スポンサーリンク

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2020年5月2日

    […] ・0 or 1アウト1・3塁で内野陣が打球によってホームゲッツーとセカンドゲッツーを狙い分ける両睨みの作戦。(ダイヤのエース actⅡ 20より引用)・ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です