マルシルのせいで水の精霊がおこ!?「ダンジョン飯3/久井諒子」

ダンジョン飯3

このブログでは読んだビジネス書や小説、マンガの感想を備忘録も兼ねてオススメしていきます☆
皆さんが読みたいと思えるきっかけになれば嬉しいです☆

今回はKADOKAWA出版、久井諒子さんの「ダンジョン飯3」です☆

ラベル

マンガ、グルメ、料理、冒険 、ファンタジー

痺れたセリフ

「俺が信じているのはセンシとナマリだから」
/ ライオス

仲間を信じてライオスはある行動に出ます!
カッコいいセリフですが、2人にはあまり伝わりませんでした。笑

感想

前巻、ダンジョン飯2巻で地下4階に到着したライオス一行。
水中に棲むモンスターとの戦い(食材調達)が繰り広げられます!

クラーケン

食物連鎖の一端が垣間見れます!

中盤でマルシルとファリンの出会いが描かれています!
今のマルシルの姿からは意外な過去です!笑

出会い

また後半では旧友ナマリと再会します!
一時的に再タッグを組み、水の精霊(食材?調達)との戦いに挑みます!

水の精霊

〇ダンジョン飯3巻に出てくるメニュー〇

第15話

・そのへんに落ちてた大麦の雑炊

第16話

・ジャイアントクラーケンについてたジャイアント寄生虫の蒲焼き&白焼き

蒲焼

第17話

(料理なし)

第18話

・水棲馬の焼き肉

第19話

・テンタクルスの酢和え

第20話

・ウンディーネで煮込んだテンタクルスと水棲馬のシチュー

シチュー

第21話

・テンタクルスのニョッキ

ニョッキ

気になった方はぜひお手に取ってみてください☆

スポンサーリンク

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2020年4月2日

    […] マルシルのせいで水の精霊がおこ!?「ダンジョン飯3/久井諒子」 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です